Skip to content

従業員にもメリットがある勤怠管理システムとは?

勤怠管理システムは今奥の企業が取り入れつつあります。

またこの点のいいところはパソコンなどで従業員の労働時間の管理が一貫して行えるところです。

残業時間が規定以上になれば労働基準監督署から注意を受けますし、従業員の負担が多くなります。また数値化すれば個人の負荷が大きいところと少ないところがはっきり見えてきます。働き方の工夫次第でやはり勤務時間を減らせますし、またIT化によって紙の節約、人件費の削減にもつながります。

有給休暇もこれによって管理が可能なのです。従業員にとっては勤怠管理システムの導入によってカードを一枚持てば、食堂の支払い、飲食費の支払いがスムーズに行えますし、食堂の混雑も軽減されるので休憩時間をゆったりと過ごせます。またスマホでも有給休暇の申請をおこなえるようになっているところもあります。

これによって休務票の管理、作成、ファイルがいらなくなります。従業員もPC、スマホで簡単に行えるので時間短縮につながります。ムリ、ムラ、ムダの削減とは一朝一夕で出来るものではありません。

できるところから改善していけばいろんなところから反応があり、発見があり、それらを徐々に改善することによって大きな改善や経費削減の道筋となります。

勤怠管理システムの良いところはそれによってデータ化し、どんな時間に人の出入りがあるのかという情報も得られます。

例えば機密管理を徹底して行うのにも役に立ちますし、コピーするにもカードを使う、どんなことに使用用途があるのかがわかれば無駄なのかどうかもはっきりわかります。このように機密管理のデータにも労働時間の無駄の改正にもつながるシステムなのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です